株式会社リード工業の会社概要をご紹介します
社 名
株式会社 リード工業 本館 別館
所在地 〒120-0047 東京都足立区宮城1丁目17番21号
電話/FAX 03-3912-2751/03-3914-0028
役 員 代表取締役  瀬山克一郎
取締役■■  瀬山美千代
取締役■■  瀬山隆明
取締役■■  瀬山義枝
資本金 30,000,000円
設 立 昭和24年 2月22日
取引銀行 みずほ銀行 尾久支店
三菱東京UFJ銀行 王子支店
城北信用金庫 宮城支店
主要取引先 株式会社 ホンダ・モーターサイクル・ジャパン
株式会社 スズキビジネス
株式会社 山城
株式会社 エヌエー
株式会社 レイト商会
所属団体 一般社団法人 日本ヘルメット工業会 会員
一般社団法人 全国二輪車用品連合会 会員
▲ページの先頭に戻る
業務内容 1. オートバイ用品、部品の製造、販売
2. 上記業務に付帯するサービス
主要商品 ヘルメット、ヘルメット関連、グローブ、レイン関連、バルブ、ロック・盗難防止用品、コード、ネット、
車両小物、防寒小物、車体カバー、ケミカル用品等
▲ページの先頭に戻る
■LEADが目指す会社の姿
当社は以下の3つの具体的な目的・目標をもって「業界最優良企業」を目指しています。
▲ページの先頭に戻る
 昭和24年、自転車部品製造業として瀬山商会が設立
昭和24年 2月 埼玉県熊谷市において、瀬山政雄が株式会社瀬山商会を設立。自転車部品の製造販売開始。
昭和28年 4月 事業拡大に伴い東京都北区田端に本店を移転。自動車部品とオートバイ部品の販売を開始。
 昭和30年代に入り、オートバイ需要の高まりと共に事業規模は一気に拡大する
昭和30年 4月 オートバイの全盛時代が始まり、自動車部品の販売からオートバイ部品の販売へと事業転換。
昭和35年 7月 事業拡張に伴い、工場を足立区宮城に新設。量産化がスタート。
昭和38年 4月 オートバイ用ボックスの製造販売を開始。
昭和40年 4月 オートバイ用ヘルメットの製造販売を開始。
昭和42年 1月 オートバイ用風防の製造販売を開始。
昭和42年 1月 事業拡大に伴い、本店を足立区宮城に移転。
昭和45年 8月 商標を「株式会社リード工業」に改称。
昭和45年 9月 オートバイ用グローブの製造販売を開始。
昭和47年11月 資本金を900万円に増資。
 昭和40年代後半から、生産の海外移転を開始。生産性向上と低価格化を推進
昭和48年 1月 オートバイ用ブーツの製造販売を開始。
昭和52年 5月 オートバイ用ヘルメットの量産化を開始。
昭和53年12月 資本金を1,350万円に増資。
昭和57年12月 資本金を3,000万円に増資。
昭和58年 1月 オートバイ用レザーウェアの製造販売開始。
 大量消費時代を迎え、量販店需要の高まりを追い風に、低価格化と大量販売を実現していく
昭和60年 1月 事業拡張のため、足立区小台に三階建ビルを建築。
平成05年 7月 事業拡張のため、足立区宮城に三階建倉庫を建設。
平成05年11月 オートバイ用車体カバーの製造販売開始。
平成06年 5月 オートバイ用ロックの製造販売開始。
 世代交替を期に、価格戦略から高付加価戦略へと方向転換を図る
平成15年 1月 瀬山克一郎が代表取締役に就任する。量販店向けの低価格戦略から、専門店向けの高付加価値戦略へと方向転換を推進。
平成16年 6月 エクストリームハーフヘルメット「X-AIR」で2004年度のグットデザイン賞を受賞。
平成17年 6月 エクストリームジェットヘルメット「RAZZO」で2005年度のグットデザイン賞を受賞。2年連続受賞は業界でも快挙。
平成18年 5月 「RAZZO」の上位モデル「RAZZO II」を発売。X-AIRシリーズ最高のヒット商品となり、エクストリームヘルメットで一時代を築く。
平成18年10月 二輪専用に開発されたHIDキットを主軸に、バルブブランド「RAYFORCE」を立ち上げ、新たな分野への挑戦を図る。
平成19年 8月 レディス専用ブランド「Street Alice」を新設する。第一弾としてスモールロージェットヘルメット「QP-1」を発売。
女性目線のデザインにより、新分野での高評価を得る。
▲ページの先頭に戻る

Copyright© 2006-2017 LEAD Industry Co., Ltd. All Rights Reserved.